【40代じゃもう遅い?】うす毛の悩み|遺伝なのか?生活習慣が大きくかかわっているのか?

うす毛の悩み

うす毛の悩みを抱えているという人はきっと多いと思いますが、うす毛の悩みを抱えている人にとって、その悩みが実はさらにうす毛をひどくさせているということを分かっているでしょうか?

確かにうす毛に悩んでいる人というのは外出するのも嫌な位人の視線を気にしてしまったり、自分の姿を鏡で見るのも嫌だと思う人も多いと思います。

またシャンプーを毎日していて大量に髪の毛が抜けていくことでうす毛の悩みはかなり増えるという人も多いと思います。

これらのうす毛の悩みというのは、ストレスに変化していきます。ストレスがたまるということはうす毛への負担をさらに大きくしていることになるのです。

うす毛精神的にストレスを感じてしまうと自律神経のバランスが崩れますから、それによってうす毛しないという状況が悪化するのです。

あまり自分がうす毛しない髪の毛になっているということを悩み過ぎないことが大切です。

あまりにも悩み過ぎてしまうと自分の気持ちとは逆にさらにうす毛しない髪になってまた悩むことになり悪循環です。

うす毛現在成人男性で日本人の30パーセントの人がうす毛に悩んでいるといわれていますから、多くの人が自分と同じようにうす毛に悩んでいると思ってあまり自分だけだと深く悩み過ぎないことをお勧めしたいと思います。

自分だけだと思って思いつめてしまうと本当に取り返しがつかないくらいにうす毛しなくなってしまいます。

うす毛線と比べると、今は紫外線の強さがかなり強くなっていますから、十分のうす毛対策として何かしなければいけないのです。

うす毛と遺伝

うす毛に悩んでいる人は、これは遺伝したからだと思っている人も多いのではないでしょうか。

確かに両親や祖父母などにうす毛に悩んでいる人がいれば、自分も同じ症状を遺伝したのではないかと思ってしまいますよね。

うす毛は確かに遺伝なのでしょうか?

現在言われていることでは、うす毛というのは、遺伝が全く関連性がないとは言い切れないといわれているのですが、うす毛の悩みそのものが遺伝したというのではなくて、生活習慣が遺伝しているのではないかといわれている。

これはどういうことなのかというと、うす毛の悩みそのものの遺伝ではなくて同じものを食べて、同じ食生活で育ってきたわけですから、体質が遺伝してしまうこともあると思います。

同じ症状になることもあります。

たとえばわかりやすく言えば、脂っこい食事ばかりを食べていれば、親子そろってメタボになる可能性もありますよね。

それと同じで、同じ生活習慣のもとで生活をしているのですから、当然うす毛の悩みがあることも同じように遺伝するのではないかといわれているのです。

うす毛ですから完全に生まれてきたときからうす毛の悩みが遺伝されて生まれてきたというのではなくて、生活習慣を見直していくことで体質の遺伝は後からでも改善することが十分可能です。

親がうす毛に悩んでいるのであれば、その原因を自分で考えて、そしてそれと同じことをしないようにすれば、遺伝を防げます。