葬儀・葬式の受付でのマナー|言っちゃダメなNGワード!|遺族の方への言葉

葬儀の受付でのマナーです。

早めに行きましょう

葬儀当日は少し早めに着くようにして受付をしましょう。

決められている時間に間に合えばいいのですが、受付が混雑していることもありますので、余裕を持った方がいいでしょう。

特に宗派の中でもキリスト教の場合には遅刻は絶対にしてはいけないことになっているので気をつけましょう。

NGワード

受付では、「重ね重ね」や「もう一度」といったような重ねる意味合いのある言葉を使うことは避けます。

また「死ぬ」というようなリアルな言葉も使わないように心がけましょう。

仏式では、ご冥福をということをよくいいますが仏式以外の場合には冥福という言葉も使ってはいけないことになっています。

遺族になんて声をかける

遺族に何か挨拶をしなければいけないと思っている人も多いと思いますが、お悔やみの言葉をあえて掛ける必要はありません。

遺族と挨拶をする機会があっても、声はかけないでもいいでしょう。

1礼に留めておくというのも、遺族への気遣いになります。

お悔やみの気持ちを伝えたいと思う人もいると思いますが、ご愁傷様です、おくやみ申し上げますという言葉を伝えます。

普段の会話のトーンよりは下げて伝えるのがいいでしょう。

参列者に知り合いが・・・

受付の周りで久しぶりに会ったという人と出くわしたとしても、葬儀の受付ですから、はしゃいだりしないように気をつけましょう。

受付をしている人が知っている人であっても、冷静に落ち着いて対処します。

テンションは下げ気味で、当たり前ですが、笑ったり、楽しそうにしたりするのはマナー違反です。