【知らないの?】葬儀の時に持ってくカバンはどんなの?お葬式はシンプルに|OKとNGを解説

葬儀に持っていく場合には、鞄にもマナーがあります。

お洒落はいらない

喪に服す期間中は無為な殺生は行ってはいけない事になっていますから、たとえば毛皮のバッグや、皮製品のバッグは持っていってはいけないルールになっているのです。

最近はそれほど厳しくありませんから、革のバッグなら持って行ってもいいとされていますが、クロコダイルや豹など、動物がイメージできてしまうようなものは避けなければいけません。

色はシンプルに

色もシンプルな黒で統一しましょう。

葬儀にもっていく鞄で一番マナー的にベストといえるのは、黒い布でできている小さめのバッグです。

サイズは小さめで

焼香をする場合などに大きなバッグを持っていると大変ですから、小さめで手にかけられるタイプがいいでしょう。

とにかくシンプル

飾りなども一切付けられていないような、シンプルなバッグがいいでしょう。

ハンドバッグが一番ベストな形です。

最適は?

次に葬儀に持って行ってもいいとされているのが黒い色をした、革のバッグです。

光沢のないような生地で作られている、華やかさのないシンプルなバッグを選ぶようにします。

革は先ほど言いましたが、あまりベストとはいえませんので、黒の革のみにしましょう。

これはNG

葬儀の際にもっていく鞄として相応しくないのが、黒色であったとしても、大きなバッグです。

特にトートバッグくらいの大きなバッグは、他の参列の人の邪魔にもなりますし、焼香の際にも邪魔になりますから、できれば荷物が多いのであれば、セカンドバッグとしてショルダータイプの小さめのバッグを持って行き、大きめのバッグは受付に預けましょう。