【そのくらい常識でしょ?】喪服ってどんな?ベストな喪服の選び方|何がOKで何がNG?

葬儀に参列する場合の喪服のマナーについてです。

喪服選び

葬儀はファッションを楽しむようなシーンではりませんから、正喪服や準喪服として黒い色の服を選ぶようにしましょう。

喪服を選ぶのが一番ですが、持っていない場合には、黒い色や紺色、灰色といった色を選ぶようにします。

柄物は避ける

柄が入っているものはできれば避けたいものです。

それは突然

訃報というのは突然聞くことが多いですから、そのたびに買い足したり、その都度購入するのは難しいと思います。

冬の寒い時の場合

もしも冬に葬儀に参列しなければいけないことになり、黒のコートや地味な色のコートを持っていないという場合には、他の色のコート出会っても、葬儀の最中は脱いでおけば問題はありません。

ベストな喪服

一番ベストな喪服としては、黒の長そでのスーツがベストです。

パンツスーツなども今女性は履いていることが多いですが、喪服の場合には、スカートを選びましょう。

スカートやワンピースとボレロやジャケットのアンサンブルを着るということが一般的です。

露出も少なく、ラメや光っているような素材のものは避けましょう。

黒のストッキングをはきます。パンツスーツでも、葬儀に出てもいいのですが、デザインは地味なものを選びましょう。

早中な感じのものを選ばないようにします。中にシャツを着ると思いますが、シャツも黒を選ぶようにします。

これはNG

喪服として一番ダメなスタイルとしては、夏の葬儀で半そでやノースリーブを着てくる人がいますが、真夏であっても、ジャケットを羽織って肌の露出を避けましょう。