住宅ローンの返済期間と借入期間|繰り上げ返済|ボーナス返済

住宅ローンの返済期間と借入期間

住宅ローンを借りる際に、借入期間と返済期間という言葉が出てくると思いますが、この二つの言葉はどちらも同じ意味だと思っている人も多いのではないでしょうか

しかし住宅ローンの返済期間と借入期間というのは意味が違っています

住宅ローンの借入期間も返済期間も、どちらも金融機関から住宅ローンを何年契約で組むのかということを表しているのですが、一般的には30年、35年で住宅ローンを組んでいる人が多いのではないでしょうか

たとえば30年で住宅ローンを組んだ場合には、借り入れた総額を30年で割ることで毎月どれくらい返済しなければいけないのかが決まってくると思います

では住宅ローンの借入期間と返済期間の違いですが、住宅ローンの借入期間の方は、金融機関と、最高で何年間ローンを組むことができるのかということを決めるのが期間です

そして住宅ローンの返済期間というのは、自分が何年間で住宅ローンを返そうと思う期間のことですから、同じ期間であっても住宅ローンの借入期間と返済期間は意味が違っていることがよくわかると思います

自分で決める住宅ローンの返済期間の方が、金融機関が決めている借入期間よりも長くなるということはありません

住宅ローンの繰り上げ返済

住宅ローンの繰り上げ返済についてですが、住宅ローンの繰り上げ返済というのは、今の住宅ローンの金利の水準の場合には余裕資金を持っていて、定期預金をして資産運用をするよりも、住宅ローンの残りの額を返済した方が、いい資産運用になるということもあります

住宅ローンの繰り上げ返済をした場合には、その分は利息を払わないでいいわけですから住宅ローンのトータルの額を減らすことができるようになります

住宅ローンの繰り上げ返済は誰でもやればいいというものではなくて、子どもの教育資金などにももちろんお金は必要ですし、リフォームなどにもお金が必要になってきますから、住宅ローンの繰り上げ返済は計画性をもって行った方がいいと思います

住宅ローンの繰り上げ返済は期間を短縮するために返済する人もいますし、返済額を減らすために繰り上げ返済をするという人もいます

住宅ローンの繰り上げ返済には手数料が必要になることもありますからそれぞれの住宅ローンを借り入れている金融機関に確認をしてみるといいのではないでしょうか

住宅ローンの繰り上げ返済は、必ずしなくてはいけないということではありませんから手元に置いておく資金もある程度必要ではないでしょうか

住宅ローンのボーナス返済

住宅ローンのボーナス返済についてですが、住宅ローンを返済するときには、毎月返済していくという毎月返済と合わせてボーナスが出る月に、ボーナス返済を合わせて行っている人もいると思います

住宅ローンのボーナス返済をすれば毎月の返済額も確実に減ると思いますし、家計のバランスも良くなるのではないでしょうか

住宅ローンのボーナス返済のメリットとデメリットを紹介していきたいと思いますが、メリットとしてはやはり確実に住宅ローンを減らしていくことができるということと、住宅ローンの毎月の負担額が減るということだと思います

しかし住宅ローンのボーナス払いをする際の注意点は、やはりボーナスが不景気で安定しない場合や、もしかすると今後不景気でボーナスが出ないということもありますから、安易に住宅ローンのボーナス返済を組んでしまうとあとから返済に困ることもあるかもしれません

ボーナスが万が一なくなった場合でも安心できるような額でボーナス返済をしていくことをお勧めしたいと思います

住宅ローン以外にも家を購入するということは固定資産税も必要になってきますし、住宅を維持するために資産も必要なのでその点もよく考えたうえでボーナス返済するかどうか考えた方がいいかもしれません。