【必須】住宅ローンと金融機関の特徴|金利のタイプ

住宅ローンと金融機関の特徴

住宅ローンを借りることができる金融機関のそれぞれの特徴を紹介していきたいと思います

まずは財形住宅融資の住宅ローンの特徴からですが、こちらの住宅ローンは5年ごとに変動する金利になっていて5年固定金利型の住宅ローンです

こちらの住宅ローンを利用することができるのは、サラリーマンだけとなっています

住宅金融公庫の融資やフラット35の融資と併用して住宅ローンを利用することができるというメリットもあります

住宅金融公庫と一緒で、住宅ローンの金利は、住宅ローンの申し込みをするときに決めることができるというメリットもあります

そして、民間の金融機関の住宅ローンは借り換えも行うことができるというメリットもありますし、金利の種類や優遇キャンペーンなどもあったりして色々と種類が豊富だという特徴があります

そして最後に、ノンバンクの住宅ローンの特徴ですが、ノンバンクというのは、日立キャピタルやトヨタファイナンスといった銀行ではないところからの住宅ローンの借り入れになるのですが、不動産会社から紹介してもらうことが多いですね

住宅ローンのノンバンクの場合には借り入れる人への要件が柔軟だというメリットがあります

住宅ローンの金利のタイプ

住宅ローンの金利のタイプについて紹介したいと思いますが、住宅ローンを選ぶ際に一番悩んでしまうのが住宅ローンの金利ではないでしょうか

住宅ローンの金利は変動金利もあれば、2年や5年、10年固定されていたり、全期間で固定されている住宅ローンもあります

住宅ローンの金利のタイプは色々とありますが、どのような形で住宅ローンを返済していくかによって変わってくると思います

銀行によっては、3年固定で1%以下の金利の方が安いといっているところもあれば、2年固定で1%以下のところで住宅ローンを組んで、それからまた違うところの住宅ローンへ組み替えればいいというところもあると思います

どの住宅ローンがいいのか、どこの銀行の話を聞けばいいのか迷ってしまいます

住宅ローンを選ぶ際には、必ず金利のタイプについてそれぞれきちんと理解をしてから選ぶようにするといいと思います

これから住宅ローンを借りるという人も、住宅ローンの借り換えを考えている人も、住宅ローンの金利についてまずは考えたうえで住宅ローンを決めるようにしましょう

住宅ローンの金利によって今後の返済のトータルの額なども変わってきますから、少しでも賢く住宅ローンを組めるようにしましょう