【ずるいって思われる?】フラット35と住宅金融公庫の住宅ローン

住宅ローンのフラット35

住宅ローンのフラット35について紹介したいと思いますが、住宅ローンで今注目されているのがフラット35です。

住宅ローンというのは、長い期間をかかって返済していきますから返済終了まで金利が変わらずに返済額が増えることがないという長期固定金利の住宅ローンは安心できますよね。

それが住宅ローンのフラット35という商品です。

今までは住宅金融公庫でしかフラット35は組めなかったのですが、民間の金融機関でも5年ほど前からフラット35の住宅ローンを組むことができるようになりました。

何と言っても住宅ローンのフラット35のメリットといえば最長で35年の長い住宅ローンの金利を固定できるという面でしょうか。

やはりトータルでいくら住宅ローンを35年間の間に払い続ければいいのかわからない変動金利に比べると住宅ローンを組んだ日から35年間金利がいっしょなわけですからということは、将来トータルでいくら住宅ローンを支払わなければならないのかがわかるわけです。

返済のトータルが分かっているだけで将来の住宅ローンの返済計画が立てやすくなりますよね。

将来の住宅ローンの金利アップにおびえることなく住宅ローンを組むことができるというのが、住宅ローンのフラット35です。

住宅金融公庫の住宅ローン

住宅金融公庫の住宅ローンについて紹介していきたいと思いますが、住宅金融公庫の住宅ローンといえば金利が低いということで知られていますが、全期間固定型の住宅ローンになっています。

10年間は固定金利なのですが、それ以降は住宅ローンの金利が変化する二段階に分かれている住宅ローンになっています。

購入するものに対しての条件は比較的厳しいといわれていますが、それ以外には住宅ローンを借りる本人の条件や要件というのはそれほどありません。

住宅金融公庫の公庫融資の住宅ローンは住宅ローンの金利をローンを申し込む時に決めることができるというメリットもあります。

ですから新築のマンションを買うときや、住宅ローンを組んでから引き渡しに1年以上時間がかかる場合には資金計画がきっちりと立てられるというメリットがあります。

住宅ローンの住宅金融公庫は特約火災保険を利用することができますし、住宅ローンの返済がもしも困難になった人には、特例措置がありますから安心して住宅ローンの返済をすることができるというメリットもあります。

住宅ローンの中で審査は厳しいものの安定した住宅ローンといえば、やはり住宅金融公庫だと思っている人も多いのではないでしょうか。