【今更聞けない】結婚式の祝電のマナー|電報の内容はどうしたらいい?|

結婚式に招待されているのに、やむを得ない理由から、欠席をしなければいけない時には、祝電を打つのがマナーです。

電報

NTTで電報を打ってもいいですし、最近はインターネットから手軽に電報代わりになるカードを送れるサービスも多くあります。

内容

どのような内容で祝電を送るのがいいのかというと、オリジナルのメッセージで送るのが一番ですね。

明らかに、例文をそのままにしたメッセージでは受け取った側も少し残念に思うかもしれません。

やはり自分の気持ちを、ストレートに文章に込めて御祝いの電報を送るのがいいでしょう。

文章の締めくくりとしては、その場にいられなかったことのお詫びの気持ちと、また近いうちに会いに行くということを伝えるといいでしょう。

欠席するならすぐに手配

欠席をする人は、必ず祝電を打つようにあらかじめ手配しておきましょう。

招待状を受け取ってから、欠席することがわかった場合には、招待状に、披露宴会場の住所や開演時間が書かれていると思います。

そちらを見ながら、当日の開園1時間前には届くように手配しておきましょう。

電報の種類

ぬいぐるみ電報や、花束と一緒に贈れる電報など、色々な種類があります。

安いものでは1000円代からも送ることができますし、高いものになると6000円以上しているものもあります。

お二人への御祝いの気持ちを込めて選んであげましょう。

ぬいぐるみがウェディングドレスとタキシードを着ているものなどもあり、とてもかわいくて人気があります。

 

結婚式が決まったら早めのご予約を