ひまわりの花言葉知ってますか?|知らないと危険!結婚式にふさわしい花ことばとは

結婚式でのスピーチ、頼まれたらどうしますか?

なかなか断りにくい…やってあげたいけど考えるの難しい…

そんな悩みはあると思います

筆者である私自身も一度スピーチを頼まれたことがありますが当日なんて緊張しすぎて何しゃべったか覚えてないくらいです

そんなスピーチを頼まれたらやるしかない!

考えてみると意外と使うのが花の名前

明るくきれいなイメージだから文章的にいいんじゃないかと結婚式のスピーチにはよく使われます

しかし!その使い方に警告!

意外と知らない花言葉

結婚式ではできれば使わないほうがいい花の表現を教えます!

スピーチを考える前に是非参考にしてみてください

結婚式と花言葉

結婚式のスピーチの中で、意外と新婦を花に例える人は多いと思います

「まるでひまわりのように明るく元気で」と言ったように、スピーチを述べた人は、新婦を褒めているつもりで使ったと思います

しかしひまわりの花言葉をご存知でしょうか?

ひまわりの花言葉は、実は【傲慢】という意味です

新婦のことを褒めるつもりが【傲慢】であるとスピーチしてしまっているのですから、これは大変ですよね

他にも、あじさいの様にというような表現をする人もいますが、あじさいは、【移り気】という意味がありますよ

ラベンダーもとてもいい香りがしてイメージがいいのですが【誘惑】という花言葉ですし

赤いカーネーションは、母の日にも利用されますから良いイメージを持っている人は多いですが、実際は【悲恋】という花言葉があります

会場に飾る花を選ぶときにも気をつけましょう!

その時のイメージで花言葉を気にしないというのであれば、全く関係ないことになりますが、花言葉を気にするというのでしたら、マナーを守って花言葉を確認したうえで花に例えたり、花を飾る、花をプレゼントするようにした方がいいかもしれません

意外にイメージのいい花でも、実際の花言葉は見た目とは裏腹な意味をもっているというケースもあります

最近の若い人は気にしないのかもしれませんが、新郎新婦やご家族の方がもしかすると花言葉を気にする人かもしれません

良く考えたうえで花に関しては述べたりプレゼントしたりしましょう