【1分で読める】生活習慣病と成人病は何が違うの?|メタボも生活習慣病?

成人病って言葉は知ってますか?
ちょっと昔まで使われていた「成人病」
今ではあまり聞かなくなりました・・・

この記事は…

  • 成人病という言葉を今でも使っている方
  • 生活習慣病の予防をしたい方
  • 健康診断でメタボと診断された方

上記に当てはまる方におすすめです!
当てはまらない人は読まないで!

約1分で読める内容なのでサクッと読んでみてください!

生活習慣病と成人病は何が違うの?|メタボも生活習慣病?

生活習慣病は今話題になっているので、聞いたことがある人も多いですが、数年前までは「成人病」という呼ばれ方をしていました

生活習慣病はどんな病気?

食生活やアルコール、たばこなど、生活習慣にかかわる病気を総称したものが生活習慣病です

糖尿病やがん、高血圧などが生活習慣病の中に含まれます

成人病から「生活習慣病」へ

成人病といわれていた時代もありましたが、なぜ生活習慣病と呼ばれるようになったのか?

その理由は

成人病の原因の多くが生活習慣が原因で起きているものばかりだったからです

生活習慣病という呼ばれ方をするようになって、まだそれほど、期間は長くありません

メタボが話題に!

メタボリックシンドロームという言葉が近話題になりました!
健康診断でも「メタボ」と診断されるようになり、「メタボ」を取り扱ったメディアも続々と出てきました

そんなメタボも「生活習慣病」として知られるようになりました

三大成人病→三大生活習慣病

昔は三大成人病と呼ばれていましたが、現在は三大生活習慣病と呼ばれている病気として

  • がん
  • 脳卒中
  • 心臓病

があります

生活習慣病の中でも特にこの上記の三つが原因で亡くなる人の確率がとても高いからです

成人病=生活習慣病

生活習慣病も成人病も根本的には同じなんです
明確な定義は辞書を開けば出てくるかもしれませんが、簡単に言うと昔と今の違いですね

ただ呼び名をかえて、より生活習慣が原因で発症する病気であるということをわかりやすくした名前が、生活習慣病というわけです

まとめ

今生活習慣病は弱年齢化しつつあるといわれています
子供の中にも生活習慣病予備軍を持っている人が多いといわれていますから、早めに生活習慣の見直し、改善を行わなければ、手遅れになる可能性もあります
その名の通り、日々の生活習慣から十分に注意することが大切というわけです

なってからでは遅い・・・

今からできる生活習慣の見直しを心がけましょう!