【1分で読める】生活習慣病の高血圧|高血圧ってどんな病気?|おすすめ予防法

年齢と共に考えていかないといけないのが「病気」

この記事は・・・

  • 健康診断で高血圧と診断されたことがある
  • 血圧を気にするようになった
  • 生活習慣病の予防をしたい

そんな方に読んでいただきたい内容となっております

1分で読める内容なのでちょっとでも気になる方はサクッと読んでいただけたら幸いです

高血圧は生活習慣病のナンバーワン

生活習慣病の高血圧にかかっている人は、生活習慣病の患者数の中でも一番多いといわれています

そもそも血圧って何?

血圧は血管に与えている血液の圧力を言いますが、血圧は心臓が収縮し、動脈に送り出されるときが最大血圧、心臓が拡張して血液が心臓にいっぱいになることを最少血圧といいます

血圧の変化

血圧は、年齢によっても違っていますし、季節的なことでも違ってきます
また1日を通しても、運動や食事、精神状態によっても違ってくるという特徴があります

高血圧とは?

高血圧というのは常に血圧が高い状態のことを言いますが、実は自覚症状がほとんどないことが特徴です

高血圧をそのまま放っておくと、どうなるのか?

放っておくと…動脈硬化になってしまったり、脳卒中心臓病腎臓病など、さまざまな病気を引き起こす要因になるといわれています

ポイント!

もしも高血圧だと診断されたら、すぐに生活習慣を改善するようにしましょう!

高血圧を予防するには?

生活習慣病の高血圧を予防するためには、まず肥満である人は肥満を解消することが一つの方法です

そして適度な運動も、血圧を下げることにつながります

高血圧と診断された人はこのように食生活にも気をつけながら、適度な運動を取り入れて治療していくことが改善につながります

まとめ

病気はなんでも一緒ですが、悪化してしまった場合には薬を服用しなければいけないような状態になります
それ以前に生活習慣病に気がついて、症状が出る前に予防することが一番大切なことです

生活習慣病という名の通り、生活習慣がしかっりしている人はそれだけリスクが低くなります
分かってはいてもなかなかできないのが人の性です…

ちょっとずつでいいのでバランスの取れた食生活や運動を生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょうか